2019年03月17日

3月10日の練習

こんにちは、ホルン戦隊ツノレンジャーこと
ホルンパートのABです!
はて、ツノレンジャ―とは?と思った方は
HPのパート紹介を見てくださいね!
そういえば私は何色担当なんでしょう…?
団員に聞いてみたい今日この頃。

さてさて、もう一週間経ってしまった10日の練習は
(あいかわらずの蝸牛のような遅い投稿ですみません!)
個人練習の時間があって、そのあとにYさんの合奏からスタート。
17日の練習で打楽器のみなさんが揃うとのことなので
この日はメインの曲を本番に近いテンポで通してみました。
これまで何回も練習しているのに、本番のテンポですると
うまく行かない部分が結構あります。
一人ひとり、課題が見つかったのではないでしょうか。
通しでは反省点がたくさん出てきましたが
一方で、一曲の中でのペース配分を見直したりできるので
収穫の多い時間だったのではないでしょうか。

続いて、Oさんの合奏。
まずは、誰もが知っているあの童謡を
かっこよくアレンジした曲を練習。
短い演奏時間の中に、吹奏楽の魅力がぎゅっと詰まった曲やと
私は感じております。(※個人の感想です)
中盤に急に出てくる変拍子トラップに良く引っかかるので
この日も入念に練習しました。
もう一つのエキゾチックな曲は
ホルンが結構おいしい曲でもありまして。
そのおいしさを十分味わえるくらい
伸びのある豊かな音を出したいな~。
Oさんの合奏では金管楽器を吹くときの姿勢の
アドバイスをしてくれるので、それを参考にしながら
この曲を吹けたらいいなと思っています。

ふと気が付くと、演奏会まであと2か月と少しになってますね。
ボーっと吹いてると、ピンクのワンピースを着た
永遠の5歳に叱られるので気合を入れねば…!

お次のブログ担当は、いつもホルンは皆さまの頼もしき音色を
背中でひしひしと感じながら吹いてます…トランペットパートさん!


hokusetsuwo at 11:54|PermalinkComments(0)mixiチェック

2019年03月05日

3月3日の練習

今回は北摂woのヴィンテージパートサックスが担当します。
(詳しくはHPのパート紹介を読んでくださいね。)
そのパートの中でも声が人よりも少しだけ大きめの人がお送りいたします。

この日は33日。ひなまつり。
Y指揮者さんも合奏前のツカミのおしゃべりで「うちは息子2人なので関係ないですけどー」とかおっしゃっていましたし、団員の中には「今日はひなまつりだから練習後の反省会には参加しません!」という、娘ちゃん&家族思いの人もチラホラ。

さて、そんな33日の練習は、木管分奏からでした。
人数が少なかったので、トレーナーさんの発案で一列になっての練習となりました。違った並び方もたまにはいいなと思ったけど、でもやっぱりたくさんのみんなと吹けるほうがいいなぁとも思いました。練習の内容は、先日やっと取り組み始めた曲の譜読みと演奏会のメイン曲でした。

その後はY指揮者さんの合奏です。チューニングは最近一人ずつ重ねていき、少しずつ合わせていっています。楽器を構えて姿勢や口や呼吸をしっかり準備して吹きます。一人ずつだし小心者の私は緊張してしまい…苦手です…精進します。
そして、いつもの基礎合奏をしてからメイン曲の練習合奏に入りました。今までゆっくりなテンポで練習していたところを今回は速めて練習しました。テンポが速くなると指も回らないし、一つ一つの音がちゃんと思う音にならなかったりもしますが、曲としては一気にいきいきとしてくるので私は(吹けてはいないけど)好きです。
メイン曲の練習のあとは唄の曲を練習しました。指揮者さんからオリジナルの曲を聞くように言われていましたが、団員のみなさん、聞きましたか?今回の合奏では、楽譜に歌詞を書き込むように言われましたよ!団員のみなさん、書きましょうねー。
残った時間でポップスのメドレー曲をやりました。こちらもまだそれぞれの曲の世界が見えるような演奏にはほど遠いですね。団員のみなさん、団員専用ページに少しずつ参考音源が増えていますよ。チェックしてみてくださいね。

ちなみに、この日の練習に来ていたヴィンテージパートメンバーはたった2人でしたが、(パート紹介通り)真面目な性格なのでちゃんといつもの反省会も開催しましたとさ。

ということで次回のブログ担当は、ホルン戦隊ツノレンジャーさんです!



hokusetsuwo at 23:19|PermalinkComments(4)mixiチェック

2019年02月27日

2月24日の練習

こんにちは。クラリネットパートのMです。初めてブログを担当させていただきます。

2月24日は金管分奏から始まり、合奏練習自体は2時間と少し短めでしたが、指揮者Oさんの曲の中から2曲を練習しました。フレーズごとに旋律、伴奏と分けて、担当パートで吹き方を揃えるといった練習でした。

そのうち1曲は先々週に配られたこともあり、全体の流れを確認しながら細かいところを詰めていくといった感じで進んでいきました。(私は初見だったため、恥ずかしながら楽譜に食らいつくのに必死でしたが...)

個人的には2曲ともストーリー性のある曲だと思っているので、パート内や他パートとの繋がりだけでなく、単調にならないように、聞いていて退屈にならないように意識することが大切だなと練習の中で感じました。

今回金管のみなさんは分奏後でお疲れのはずなのに最後までパワフルで感動しました。
2時間合奏に出ただけで疲れた、なんて口が裂けても言えないなと思いました。

次回はSaxパートさんです!よろしくお願いします。

hokusetsuwo at 14:46|PermalinkComments(0)mixiチェック