2019年02月03日

2/3の練習

こんばんは。低音パート、チューバのKです。
本日はパーカッションパートではなく低音パートがお届けします。

前回久しぶりに練習に出た私ですが、今日はパートで一人(あんまり譜読みもできてない)ということで戦々恐々としながら合奏に臨みました。
おなじみの基礎合奏の時点でいつもより太い音を意識しすぎたのか結構疲れてしまったのは内緒です。
途中でユーフォニアムが一名追加となりちょっとほっとしたり。
曲の合奏は指揮者のYさんの曲を全曲通しました。やはりメイン曲の拍子が分かり辛いなあという印象がぬぐえないです。
さらに、どちらかというと高音が得意な僕ですが、この曲は低音が多くなかなか苦戦しておりました。
本番に向けてスコアを読んだり音源を聴いたり、低音域をもっと練習しないとなあと痛感しております。

後半ではOさんの曲も行ったようですが、所用のため早退させていただきました。

次回こそはパーカッションパートさん…かな?

hokusetsuwo at 23:01|PermalinkComments(0)mixiチェック

2019年02月02日

1月27日の練習

こんにちは。指揮者Yです。今回は、パーカッションさんのブログ当番でしたが、パーカッションパートはみなさんお休みでしたので、順番を前後してのご報告です♪

最近、youtubeにすごい映像が落ちているよ、といろんな人から教わって、今さらながらに「こんな映像もあるのか!」とびっくりしています。その中で最近知ったものの一つですが、ピアニストのStephen Kovacevichの映像に出会いました。現代のピアノ界を代表する巨匠の一人、ですが一般にはご存知ないという方も多いかもしれません。彼の弾くピアノの音が素晴らしく立体感を持って構築されていることはyoutubeの映像からでもはっきりと聴き取れます。さらに(びっくりなことに)彼のレッスン風景の映像なども見ることができ、これがこれがとても勉強になります!我々は、つい音を「鳴らす」ことに注力しがちですが、音は「まず聴くところから始まる」という基本的な、だけどなかなか出来ない大切なことをこの巨匠は教えてくださいます。

さて、長い前置きは終わりにして、今回の練習の報告。

これまで、メインの曲の譜読みを中心に進めてきましたが、この日はいつもより長く合奏の時間を取れるということもあって、久しぶりに一部の曲を取り上げました。最初の曲は力強い歌詞を持った「唄」という表現がぴったりの曲です。これを歌詞のない管楽器で表現するのは大変!いかに目の前に情景が浮かぶような演奏に仕上げることができるか?楽譜は単純なだけに、大きなチャレンジです。そしてそのあとは1部の最後の曲。こちらは映画のメドレーですね。リズムとフレーズを少しずつ確認いたしました。残念ながら最後まで到達できなかったので、続きは次週です。

最後に、メインの曲を一通り確認いたしました。まだテンポはゆっくりですが、みなさん変拍子にも少しずつ慣れてきました。難しいリズムの克服が最初の課題ですが、この曲の本質は歌と和声の美しさです。毎回の練習は地道なトレーニングになりますが、本番で少しでも美しい響きを出せるように進めていきたいと思います

この時期は人数も集まりにくく、演奏会まで微妙に時間があったり、モチベーションを保つのが難しいと思うのですが、それでも練習に毎回のように参加されている方々は、本当に楽器、あるいは音楽が、あるいは仲間が大好きなんだなぁと感心します

当団ではそんな仲間になってくださる方を、パート別に募集しています。まずはお気軽に練習見学にお越しください!

寒い日が続きますが、みなさん体調を崩されないようお気をつけくださいませ。

次回は、パーカッションさん。かな?




hokusetsuwo at 10:36|PermalinkComments(0)mixiチェック

2019年01月24日

お知らせ(独自ドメイン)

このブログのURLが変更(サブドメイン)になりました。

(旧URL)
  http://blog.livedoor.jp/hokusetsuwo/

(新URL)
  http://blog.hokusetsu-wind.com/

旧ページから新ページには転送されますが、できるだけ新しいURLでのブックマークなどをお願いいたします。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

見た目などは変えていないつもりですが、不具合があれば、ご連絡をお願いいたします。

kawazoe_tomonori at 06:45|PermalinkComments(0)mixiチェック