2021年10月12日

練習再開されましたね

だけど、最後に楽器触ってからなんと19か月。譜面が読めない、読めても指に伝わるのに時間がかかる。
それに、ベロが太ってしまったのか牛タンの生きてるときみたいに鈍重にしか動いてくれない。
もっかい一からやり直しかなー、と心機一転、体もリフレッシュしなければと思いスポーツジムに申し込みに行ったと思いネー。何しろ19か月ろくに動きもせずUou Tubeばっかり見ていたのが災いしてうちから駅まで歩いて12分、駅構内の移動と電車が9分、駅からジムまでの移動に5分、トータルどんなにゆっくりしても30分で行けるところを2時間半。申し込み手続きが終わって「今日やっていきますか?」の問いに「今度からにします・・・」 それからちょっと飲もうと思い、とあるバーまで歩いて行ったらもうへとへとで、三分の一のところでタクシーで家に帰ろうか、イヤイヤ初志貫徹、絶対飲んで帰るぞの葛藤の末、何とか目的地に着いたとたん、「ジントニック!!!」それからウィスキーを3杯オンザロックで。8:30ラストオーダー、9時閉店。マスターが私の足元が覚束ないとみてタクシー乗り場までつきあってくれました。
元に戻さないといけないのは演奏技術ではなく生活態度!?



hokusetsuwo at 17:23|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年10月05日

10月3日の練習

こんにちは!こんばんは!おはようございます!
ブログの順番は指揮者さんでしたが、いろいろあってクラパのKっしーが書いています。

緊急事態宣言が解除され、練習も何度目かの再開です。

度重なる緊急事態宣言で細切れになっていた練習。
参加人数も少ないのでフレキシブルの楽譜を活用して練習を続けてきました。

そんな中でも来年の定期演奏会に向けて少しずつ準備が進んでいます。
いよいよこの日、演奏会の曲目の合奏が始まりました。


正指揮者Yさんの合奏です。
まずは基礎合奏、B♭-durのロングトーンを1オクターブだけ。
それもF~B♭を取り出して特にていねいに。
以前に比べると「たったそれだけ」と感じる内容ですが、すでに口周辺の筋肉が悲鳴を上げています。
こまめに行われる、換気を兼ねた休憩がありがたいです。


続いて演奏会でYさんが担当される3曲の合奏です。

最初に練習したのは、私が中学2年の時にコンクール課題曲だったあの曲。
(当時は不真面目で、あまり練習しなかったのでオーディションに落ちました。)
北摂WOでも以前の演奏会で演奏しました。私は今回で3回目です。
コンクールのオーディションに落ちた因縁を感じます。
とは言え、すごくいい曲で大好きな曲なので、いい演奏ができるようにがんばります!

次に練習したのは、私が生まれた年に飛行機事故で亡くなった名歌手のあの名曲。
M8と言えど侮るなかれ。今の私には十分吹きごたえのあるものでした。
Yさんは、すごくうまいのでぜひご本人の歌ったものを聞いてみてください、とおすすめされていました。

最後は、アカデミー賞で高い評価を受けたミュージカル映画の劇中曲メドレー。
私はミュージカルが苦手なのでこの映画を見ていません。
でも、オープニング曲は聞いたことがあって「楽譜だとこうなるのか」と意外に感じました。
メドレーなので、曲の変わり目でテンポもコロコロ変わって楽しいながらも苦しめられます。
単純に楽しんで吹けるようになるかなー?

次の練習は2週間後。
またみんなに会えますように。

次のブログは、(いろいろあったので)ホルンパートさんです!

hokusetsuwo at 20:18|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年10月02日

近況報告です(Tp H)

トランペットのHです。

 

近況報告を書くように指名されてから、長い間止めていてすみません。「明日書こう、明日書こう」という繰り返しで、いつの間にか大変な時間が経ってしまいました。

 

皆さんご存じの通り、つい昨日の10/1から緊急事態宣言が解除となり、明日は久しぶりの練習が行われることになっています。楽しみですね。団員のメンバーと久しぶりに会うことができます。

 

自粛期間が始まったとき、僕は練習がなくなることがとても寂しかったので、毎週オンラインで団員同士が会って乾杯するようにしました。いわゆる「Web飲み」ですね。これは今でも続いています。団員の皆さん、まだ続いていますよ。久しぶりの人は、時々顔を出してくれたら嬉しいです。

 

それから、過去の演奏会を観て懐かしみます。ただ、団の初期の定期演奏会の映像はDVDではなくVHSでした。もう再生することはできません。

 

ビデオ屋さんは今でも営業されていて、相談すると「マスターテープからDVDを作成できる」ということでした。そこで、当時の出演者に連絡を取って、「DVDになるけど要りませんか」ということを問い合わせて回ると、案外ほしい人が多くてびっくりしました。ステージメンバーの半数くらいが希望したのですね。みんな思うことは同じだなと思って嬉しかったです。

 

実際にやったことは、こんな感じです。まず注文を集めて、ビデオ屋さんに全員の分をまとめて注文します。するとどっさりDVDが届いて、それを封筒に詰めて個別に発送して、お金を振り込んでもらう、という流れです。第1回から第3回までの定期演奏会について、これをやりました。第4回定期演奏会は、これからやるところです。第5回定期演奏会からはVHSではなく初めからDVDになっているので、この作業もいよいよ最後になります。

 

こう書くと面倒な話のようですが、慣れてくるとそれほどの手間でもなく、しかも喜びの声をいただけます。およそ20年前の映像ですから、みんな若い!!その時の記憶がよみがえってきて、とても有意義で面白い企画だったなあと思います。

 

ということで、練習がないながら、楽団のみんなと何かをして楽しもうと工夫しています。

 

ほかにも書きたいことは色々ありますが、ようやく一区切り書き上げたのでここまでにして、次の人に回すことにします。

 

次は楽団の最年長、SaxパートのNさんです。よろしくお願いします。



hokusetsuwo at 16:28|PermalinkComments(0) mixiチェック